賃貸のより良い活用

賃貸の良いとこ悪いとこ

賃貸相場と価格の情報

賃貸に暮らすメリット

賃貸は、ずっと家賃を払わなければいけないので、持ち家のほうが得と思っている人もいるかもしれませんが、持ち家のデメリットも意外に多いのです。マンションの場合だと、分譲は修理の積立金などの月々の支払いがあり、さらに固定資産税もあるので、やはり払い続けないといけない出費はあります。またマンションの住人での話し合いなど、面倒なことも多いので、戸建て住宅よりも負担は大きいでしょう。借りているだけの住宅なら、住宅が古くなっても補修の負担の心配もなく、集合住宅なら共益費を支払っているので、廊下などの共用スペース・ゴミ捨て場の掃除も管理者まかせで、住人は何もする必要がありません。住宅にかかる負担については、やはり賃貸のほうが、メリットが多く感じられるでしょう。

持ち家で投資活用とは

転勤に伴って引っ越すことになったために、持ち家に住み続けることが困難になってしまった場合には、賃貸住宅として有効活用することができます。不動産投資のために一戸建て住宅を購入するのは、重要な決断を伴うのですが、すでに所有している不動産を有効活用するのは容易です。不動産を売却することよりも、所有し続けて賃貸経営したほうが、不動産登記手続きなどのミス防止にも役立ちます。借り手が現れないと、家賃収入が得られませんが、空き家になってしまっても心配ないように、家賃保証制度を活用するのも良い方法です。不動産会社が管理してくれるので安心です。